膜分離について もっと知りたい膜分離 膜分離の可能性 暮らしの中でこんなに拡がる ルストレ 高品質アウターウェア素材
膜分離テクノロジーの世界とは
例えば、酸素をふやしたり、海水を真水にしたり、
「えっ!そんなことまでできるんだ」という驚きがいっぱい。
膜分離テクノロジーは、私たちの暮らしの隅々で息づいています。
いめーじ
  ●浄水処理
●脱塩造水
 
  海水からの製塩・浄水処理・緊急用造水・洗浄器・衣料  
半導体・電極膜・電着塗料・ガス分離・除菌・脱気・給気 生活・環境・食品・健康・エネルギー・工場など様々なところで使われています。 下水処理・工業廃水処理・不要物除去による再利用
●純水・超純水 ●排水処理
燃料電池・水素製造・原子力発電・海水淡水化 生醤油・生酒・濃縮果汁・蜂蜜の蜜白除去・乳製品
  人口透析膜・人工筋肉・人工肺・医療用水  
●透析膜  
生活 浄水処理 膜の利用により従来の浄水システムより簡単に浄水でき、構成機器が少なく運転管理が容易で、濁質を完全除去できます。また濁質細菌類の除去、有機物・アンモニアの除去により、後段での塩素投入量が低減されます。
脱塩造水 水と海水の様に濃度の異なる溶液を半透膜で仕切った時、純水は膜を通って海水側に透過しますが、海水側に圧力をかけて海水中の純水だけを逆透過させます。離島のリゾートホテル、船舶救命などで使われます。
環境

排水処理

工業排水などで含油廃水を油水分離させる処理や排水の再利用のほかに、農業集落排水処理、生活排水処理により、環境を守ります。
また、膜分離は単純な工程のため、省エネルギー、エコロジーな処理といえます。
食品 発酵 生酒・生醤油を常温流通させる場合は、より完全な酵素蛋白の除去が必要となります。
限外ろ過システムは、生酒や生醤油の香りや味の劣化原因となる微生物や酵素を、加熱処理することなく取り除きます。火入れをしない生ならではの香りの豊かさ、きちんと熟成させた本来の風味が味わえます。
濃縮果汁 果汁を分離膜を通すことにより水分を取り除き濃縮します。
果汁はおよそ90%が水分なので、この水分をできるだけ少なくすれば、果汁の貯蔵(品質保持)でのメリットがあります。
健康 透析膜 溶質除去、過剰水分の除去には拡散・ろ過の2つの物理的原理を利用しています。
拡散:濃度差を推進力として溶質は高濃度側から低濃度側へ移動し、溶媒はその逆方向に移動します。小分子溶質ほど移動速度は速くなります。
ろ過:陽圧(陰圧)によって生じた圧力差を推進力として、溶液成分の一部が膜を透過します。
エネルギー

燃料電池

イオン交換性高分子膜を電解質に用い、燃料に水素、酸化剤に空気中の酸素を供給して作動します。
排気が非常にきれいで環境にやさしい特性を持ち、発電効率が高い燃料電池発電装置は、今後の普及促進が大いに望まれています。
工場 純水

超純水
精密性が求められる電子工業分野や、各種研究施設、印刷工程などで薬品や微粒子を除去するため多量の超純水を使用して洗浄します。水処理の高度化ニーズが高まる中、膜分離技術は欠く事のできないキーテクノロジーといえます。
膜分離関連リンク
山口大学 大学院医学研究科 「比嘉研究室」 膜分離について
pagetop